LOG IN

画塾見学!

by miyu

某大御所イラストレーターさんの主催する画塾へ見学に行ってきました!

日本人なら誰でも知っているようなイラストを手がけている、超有名なイラストレーターなので、緊張です(笑)
でも、行ってすごく良かった!!!

授業の形式は二段構成。
まず前半で、受講生の方々にあらかじめ出しておいた課題の講評を行います。
少人数制をとっていることもあり、皆さん一人一人に合わせた別の課題。
豪華…! 
講評をしつつ、その場でヒアリングしつつ、次回の課題内容も決めている感じでした。

後半は、あらかじめ決めていたカリキュラム。
その場で何かを作るタイプの画塾ではなく、
最初から最後まで、座学&質疑応答で、進んでいきます。
本日のカリキュラム内容は、『営業の仕方』
これもとても面白かった!

驚いたのが、受講生のレベルが超高い。
受講生の半分は、すでにプロなのです。
しかも、イラストレーションファイルに載っているようなレベルのプロもいらっしゃったり。。!

他にも、建築の仕事でパースを書かれていた方。
アニメーターの方。
駅に置いてあるスタンプを作っているクリエイターさんなどもいらっしゃいました。

課題のイラストがすでにハイレベルで!(笑)
普通にお金取れるレベルでビックリです。

課題の内容は、本当にそれぞれで『あえて』写実的に描く課題や、
『あえて』ラフに描く課題を与えられている方。
人物オンリーで攻める方。
物オンリーで攻める方。
色々な方がいました。
モチーフは、『自分の好きなもの』『描きたいもの』
の中から、ヒアリングで決めている様子。

特に印象的だったのは、
『あえて』ラフに描く課題を与えられている方。

この方、ラフでもわかるくらい、恐ろしく絵が細密で上手いのです。
なのに、なぜか全く自信がない。
先生の言葉にも『もう少し本当は上手く描けるんです』と繰り返してらっしゃいました。
その場にいた方、おそらく全員、
『もう充分上手いから!!!』
と心が揃った瞬間(笑)
マインドって大切なんだなぁ。。

後半のカリキュラムでは、先生の体験談を元にした、営業の掛け方。
出版社別の対策方法。この会社なら、誰に取り次いで貰えば社内で話が通るのか。など、すごい役立つ情報が満載…!!!
出版社って詳しくないから、すごい面白かった!

その他には、個展をやるときのオススメギャラリー。
(このギャラリーには、有名ディレクターがチェックしに来てるよ。こっちのギャラリーはイラスト系が強いよ、などのお役立ち情報)

営業をかけるときの方法も色々教えていただき。。
本当に濃い素晴らしい時間でした。

考え方としては、
タッチにとらわれてはいけない。
クライアントに喜ばれる絵を
と考えなくて良い。

まず、自分が描けるものを書くこと。
(描きたいものではなく、描けるもの)
そして、それを極めること。

『こういう絵を描けるようになりたい!』
『こういう絵の方が売れるからなぁ』
と思って書いているうちは
結局一流の戦いになった時に、その憧れの人に負ける。ということ。

一流の戦いに勝つためには、
『自分の得意』を理解できていること。そこを極めていること。
『自分の得意』は、生まれ育った環境や、日々の生活、自分の好きなものから年月かけて作られた、
自身の基盤。それを大切に磨くこと。
それが、個性の正体。
自分のタッチの正体。

日本人が、フランスの日常風景を描いても、フランス人の描いた絵とは必ず違うものが出来上がる。
『リアルな日常風景』が、クライアントのオーダーであれば、いかに努力しても日本人はフランス人には勝てない。
なら、そこでそもそも勝負をしない。
『日本人のリアルな生活風景』という陣地で勝負をする。
ということみたい。

ビックリしたのは、
私、もしかしたらとんでもないラッキーガールかもしれない!
ということ。

私の周りには、腕のいいデザイナーも、仕事をくれる大手会社も、素敵な営業さんもいてくれてて。
数万円する高価な資料も、会社に行けば好きなだけ読めるし、
設備だって、仲良しの上司に頼めば当たり前に借りられる。
これって、薄々知ってたけど、とんでもないラッキーなのね…!!

本当に感謝だなぁ。大切にせな。

ああ、頭がミッシリ!
良い言葉、ヒントを沢山いただけたので、
ゆっくり昇華していこうかと思います。
すっごい絵描きたくなった!!


miyu
OTHER SNAPS